エンジョイ 隠岐の島 ウォーカー in 島根県  〜 隠岐旅 バイクツーリング 〜  本日は2018/8/20です 

このサイトは隠岐の島で暮らす人々の歴史・文化や
大地の成り立ち、植物などを
訪ね歩いた情報を掲載しています

旅行する目的はさまざまで
その人の興味があるスポットが
眠っているかもしれない
新たな何かを発見できかもしれません

Google
WWW を検索 www.enjoy-oki.com を検索
 蔵福山 願満寺
概 説
所在地 隠岐の島町(旧五箇村)小路四七九ノ一
名 称 蔵福山 願満寺
本 尊 薬師如来
宗 派 東寺真言宗
本 山 教王護国寺(東寺)
願満寺は宝亀元年(七七0)の創立と伝える。 承和五年参議小野篁隠岐島に左遷せられ都万村那久光山寺に謫居の砌り、 赦免帰京の為、日夜心根をつくして仏体を刻んだという。 光山寺より当寺に日参し、赦免祈願をなし薬師如来並に仁王尊を彫刻完成したので、 丹誠天に通じ願満ちて大赦にあい帰京が叶った。 そこで願いの満つる寺、願満寺と云うとの伝説がある。(参照:五箇村誌)
 山門
表参道から見た山門、左右に小野篁が刻んだと伝わる仁王像がある 境内から見た山門
山門にある石仏 なぜか、狛犬が1体
 鎮守社と荒神さん
真言宗の寺であるが、この寺の境内にこの荒神が存在する。 本堂の左手奥20mには、鎮守社が建てられており、 その参道右手にある杉の巨木を神木として荒神が祀られている。
鎮守社には、4体の神様と小さな鏡1枚と銅製の幣1振り、壇鏡と書かれたお札が1枚収められています。
地区の歴史に詳しい島民に聞いたら、対馬の阿比留族が使っていた文字だというところまでは分かっているが、阿比留文字に詳しい大学の先生に依頼するが解読できなかった。 鎮守社は、廃物希釈後、明治30年代ごろに建てられたものでそれ以前のことはよくわかっていない。いつか解読できるのか?
 新四国八十八ケ所
四国八八箇所の霊場を種々の都合で順拝することの出来ない人の為に、 本四国八八箇所霊場の本堂床下の土を少しずつ送って頂き、 島後の新四国八八ケ所の一番から八八番の各霊場佛体の下にうめ、 真心をもって本四国八八箇所を順拝した気持にひたり、 宗祖弘法大師に対し報恩謝徳の真を捧げるを目的として、 新四国八八箇所を設置したものである。 これは、今から約四〇年前の昭和一七年四月二一日に 宇野品市が発起人となり当村内外の信者に呼びかけ寄進を仰ぎ完成を見るに至ったものである。 (参照:五箇村誌)
本堂、右側にある不動明王様の横に「第1番札所」 「第2番札所」は本堂の右側の道を下り、国道に入る場所にある
「第3番札所」は願満寺バス停留所裏の橋を渡り山に入ります 「第4番札所」は本堂の右側の道を下り、国道に入る場所にある
「第5番札所」 「第6番札所」
「第7番札所」 「第8番札所」
「第9番札所」 「第10番札所」
「第11番札所」 「第12番札所」
「第13番札所」 「第14番札所」
「第15番札所」 「第16番札所」
「第17番札所」 「第18番札所」
「第19番札所」 「高野山奥之院遥拜所」昭和十七年四月吉日建立
「第20番札所」 「第21番札所」
「第22番札所」 「第23番札所」
「第24番札所」 「第25番札所」
「一の坂大時林道」を左に歩く。この法面はグリーンタフと呼ばれるこの岩石です。 本州の日本海側に沿って2000〜1500万年前の緑色をした川や湖でできた地層。
「第26番札所」 「第27番札所」
「第28番札所」 「第29番札所」
「第30番札所」 「第31番札所」
「第32番札所」 「第33番札所」
「第34番札所」 「第35番札所」
「第36番札所」 「第37番札所」
「第38番札所」 「第39番札所」
「第40番札所」 「第41番札所」
「第42番札所」 「第43番札所」
「第44番札所」 「第45番札所」
「第46番札所」 「第47番札所」
「第48番札所」 「第49番札所」
「第50番札所」 「第51番札所」
「第52番札所」 ふただび「一の坂大時林道」へ、左側の法面を上がる
「第52番札所」 「第53番札所」
「第54番札所」 「第55番札所」
「第56番札所」 「第57番札所」
「第58番札所」 「第59番札所」
「第60番札所」 「第61番札所」
「第62番札所」 「第63番札所」
「第64番札所」 「第65番札所」
「第66番札所」 「第67番札所」
「第68番札所」 「第69番札所」
「第70番札所」 「第71番札所」
「第72番札所」 「第73番札所」
「第74番札所」 「第75番札所」
「第76番札所」 「第77番札所」
「第78番札所」 「第79番札所」
旧道を左側に歩き貯水タンク右側から山に入る 「第80番札所」
「第80番札所」 「第81番札所」
「第82番札所」 「第83番札所」川沿いの道を歩く
「第84番札所」 橋を歩いて行くと、右側に墓地が見え上がる
「第85番札所」 墓地から国道へ上がり、願満寺の表参道へ
「第86番札所」 「第87番札所」
山門を抜け、本堂の正面左側へ 「第88番札所」
 地図