エンジョイ 隠岐の島 ウォーカー in 島根県  〜 隠岐旅 バイクツーリング 〜  本日は2018/11/15です 

このサイトは隠岐の島で暮らす人々の歴史・文化や
大地の成り立ち、植物などを
訪ね歩いた情報を掲載しています

旅行する目的はさまざまで
その人の興味があるスポットが
眠っているかもしれない
新たな何かを発見できかもしれません

Google
WWW を検索 www.enjoy-oki.com を検索
 白島埼灯台・隠岐沖ノ島灯台

始点灯

昭和31(1956)年12月22日

灯質

単閃白光 毎15秒に1閃光

管制器

本灯監視制御装置

電源

商用電源

光源

CDM-T700W/830

駐車場から休憩所を過ぎて左方向へ歩きます。 途中、左右道が分かれますが、どちらも灯台に辿り着けます。隠岐諸島北側の海域を照らす灯台で、 景勝地「白島海岸」が、眼下に広がりっています。

白島埼灯台の前に鳥居があり、眼下に隠岐沖ノ島灯台が見えます。
白島埼灯台は隠岐諸島最北端の小島「沖ノ島」にあります。

沖ノ島の伝説
越前の船が白島沖で難船し、激波にもまれながら海上を漂流。万策に尽きた彼等は白島神社に向かって一生懸命合掌した。南西の空に五彩の雲が湧きあがったと見るまに優しくて美しい三人の少女が小舟を操って難破船に近づいて来た。 船員に投げた一本の綱は、然も綱の一端は白島の岩頭に括られてあった。船員が龍神(白島神社の祭神)の御使とばかりに 伏し拝んでいる間に、少女の姿は掻き消す如くきえた。

始点灯

昭和55年(1980)年10月4日

灯質

単閃白光 毎5秒に1閃光

管制器

LED灯器(V型白)

電源

太陽電池(12V-.9.9W)

光源

LED0

白島展望台下の海岸は、約280万年前の黒い火山岩(玄武岩)に伝説があります。

3つの洞門が「竜宮の門」
「若い漁師「源太夫」は龍宮城の乙姫様と楽しい生活。 しかし、望郷の思いにはついに勝てず中村の里に帰る際、侍女と恋に落ちた。乙姫様は激しく怒り侍女を追放し、 その後、侍女は堕落したモタという鱶の一種になった」といわれています。

赤茶色の岩が「赤法嗣」
「モタがよく集まって来たのを漁師が苦もなく生け捕りにして食べた。 源太夫は、前非を悔み出家し「モタが岩屋」の上で端座合掌しながら石に化した」と伝えられています。

なぜ、季節はずれにアジサイが咲いている。 対馬暖流がもたらす湿気が一因か?

 地図